家探しで保証人がいない場合

保証人がいない場合の家探し

保証人がいなくても家探しは可能

家探しで賃貸を借りる際、必ず必要なのが保証人ですが、さまざまな理由によって用意できないというケースも少なくありません。親がすでに定年退職している場合や、親がすでにいない場合、そして兄弟がいない場合や、親戚などに頼みにくい場合などがあると言えるでしょう。しかし賃貸の家探しでは、保証人がいない場合でも契約できる方法がいくつかあります。まず挙げられるのは、保証人が不要の賃貸物件を利用するという方法です。最近ではこの手のサービスを提供している不動産会社も増えているため、現在家探しをしている人にとっても比較的利用しやすい状況になっていると言えるでしょう。ただし、利用者が未成年の場合は保証人が必要になるというケースもありますし、一般的な賃貸物件よりも家賃が高めになってしまう傾向があるため、その点は注意すべきでしょう。次に挙げられるのは、保証人代行業者を利用する(有料)という方法です。家探しを大手の不動産会社で行うのであれば、代行業者と提携しているケースがほとんどであるため、比較的簡単に利用することが可能だと言えるでしょう。また、過去に家賃の滞納をしたなどのトラブルがある場合は審査に通らないケースもありますが、そうでない場合は概ね審査をパスできると言われているため、安心して家探しができるでしょう。

バックナンバー

↑PAGE TOP