家探しの保証人を祖父母に

家探しで祖父母が保証人になる

家探しでと保証人の経済状況

賃貸の家探しでは、その物件を借りた本人と同等の重い責任を負うことになる保証人が必要になります。その責任というのは、借りた本人がもしも家賃を延滞してしまった時には大家さんや不動産会社から請求されたら必ず支払う義務があります。また家探しをした借り手が行方不明といった事態になってしまったら、保証人本人に代わって荷物を引き取って部屋を明け渡します。そして物件を借りていた人が退去時に果たさなくてはならない原状回復の義務つまり室内のリフォームや修理をすることになります。このように大変重い責任や義務が生じますので、通常では親などの近い親等の親族に依頼をして家探しをするのが一般的です。また大家さんや不動産会社でも、延滞家賃などを確実に支払ってもらうために親族に限るという条件が付けられていることが多くなっています。家探しをしていて気に入った物件が見つかったら入居申込書を提出しますが、この時に保証人を依頼する人の名前や年収なども記入することになっています。申込みがあると、大家さんや不動産会社は入居審査を行います。入居審査では、借りる本人とともに保証人を依頼する人の経済状況などもチェックされます。孫の家探しで、祖父母が保証人を引き受けるというケースがあります。祖父母に依頼する場合、経済状況のわかる書類の提出が別途求められることがあります。例えば祖父母が年金受給者であれば、その受給に関する証明書などが必要になります。

バックナンバー

↑PAGE TOP