家探しの保証人が会社

家探しの保証人を代行する会社

親族が主流の家探しの保証人

家探しでは、気に入った物件が見つかって入居申込書を提出する時に保証人になってくれる人を申告するのが一般的です。この保証人は、その物件に契約をして実際にそこに住む本人と同等の義務・責任を負う人です。借り手本人と同等の義務・責任を負うので、もしも家探しをする本人が家賃を未納してしまった場合には、不動産会社や大家さんからの求めに応じて必ず家賃を支払わなくてはなりません。また契約者本人が何かしらの事情で居なくなった、といった事態では本人に代わって荷物を受け取って部屋を明け渡し、明け渡しの時の借り手の義務である室内のクリーニングや修繕などの費用も負担することになります。このような義務があり、本人に連絡して下さいとは言えない重い責任があるので家探しの保証人は親などの親等の近い親族に依頼している人がほとんどです。しかし、親が高齢や病気、また年金生活者であって家賃の支払いなどを代行する能力がないといったケースも当然あります。そのような場合、保証会社と契約して保証人の代行サービスを利用できるケースもあります。これは、家探しをする人が保証会社に保証料を支払うことで保証人の役割を果たしてもらえるサービスです。

バックナンバー

↑PAGE TOP