家探しで親を保証人に

家探しの保証人は親が一般的

重い責任を負う家探しの保証人

家探しをしていて、気に入った物件が見つかって現地見学の結果納得し、借りたいという気持ちが強まったら入居の申込書を提出します。入居申込書は不動産会社や大家さんが持っていて、書式はそれぞれですが入居予定者の名前や勤務先などを記入して契約者または入居者全員分の住民票とともに提出するのが一般的です。入居申込書を提出する時には、家探しの保証人を引き受けてくれる人の名前や印鑑証明、同意書も求められます。住まいを借りる時の保証人は、借り手と同等の重い責任や義務を代行する人です。借り手と同等なので、もしも本人が家賃を延滞してしまったら大家さんや不動産会社から請求された場合は必ず支払う義務があります。また万が一本人が失踪といったケースでは、保証人は代わって荷物を引き取って部屋を明け、必要な室内の修繕やクリーニング、リフォームの費用も負担しなくてはなりません。このように家探しの保証人には大変重い責任と義務が生じるので、親など近い親族に依頼する人が多くなっています。それに、大家さんや不動産会社サイドでも、家賃を確実に回収できるように通常では親など親族限定の条件を付けています。家探しで入居申込書を提出すると、家賃の支払い能力を主に調査する入居審査があります。入居審査では、本人とともに保証人になる予定の人の経済状況もチェックされるのが一般的です。

バックナンバー

↑PAGE TOP